ゼルダの伝説 夢をみる島


カタログチケット2本目は夢をみる島を交換。

どうぶつの森の進行が1日跨ぎになることが多いので、合間にちょこちょこゼルダを遊んでいます。


ブレスオブザワイルドと最後まで迷いました。

四半世紀空いた自分と任天堂の隙間を埋めるため、まずはソフトな作品から徐々に慣らしていこうかな~と。
実際はハードコアな謎解きゲームだったわけで、初代ゼルダも当時は相当難しかったのを思い出しました。

見た目は可愛らしいのですがね、いい歳したおっさんが手に取るのはちょっと勇気がいるくらい。


現在5つ目のダンジョンをクリアしたところ。
次々と新たな能力を得て、出来ることが増えてきました。

今まで通れなかった場所を進めるようになる喜びと達成感。
このプレイ感覚は自分のTVゲームの原初体験に近いかもしれない。



夢をみる島はところどころブラックユーモアを感じる。
ゲームボーイ版は未プレイですが、こういう制作陣の遊び心は嫌いじゃないです。


年内にもう一本くらい買っておきたい、やはり高品質な任天堂ソフトが無難だろうか。
と言うかオクトパストラベラー年末セール来てくれ!頼みます!マジで!


Author: 煙人

GAMEとか写真とか買い物とか漫画とか色々なことについて執筆中|蛇鯖育ちの黄昏の赤魔道士◎FF11復帰勢|カエルを踏んだ旧約メガテニスト|村上主義者穏健派|氷河期世代の週末フォトグラファー|RX100III|α6500

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA