スプラトゥーン3

ついに発売されたスプラトゥーン3。

カタログチケットで引き換え予約して、あらかじめダウンロードしておきました。
金曜日が楽しみでウキウキでした、初めて遊ぶスプラトゥーン。

キャラメイクはパッケージの女の子と同じ配色のキャラを作成。

色味的にポップで鮮やか、私が憧れていたスプラトゥーンはまさにこれです。
後から目の色と肌の色を変更しました、オプション→その他から何度でもキャラメイクをやり直せます。

この世界の人間はイカなのですね、スーパーマリオのゲッソーを擬人化したものなのだろうか。

ナワバリバトルで初スプラの洗礼を受ける。

全然勝てないし足引っ張りまくり、思っていたよりめちゃくちゃ難しいw
シューティングゲームはディビジョン以来だから、5年くらい触っていないのかな。
戦闘中はスクショを撮る余裕もなく、もう必死です。

ブキを変えたらボチボチ勝てるようになってきました。

インクに潜んでヒット&アウェイが基本のようです、ドバドバ撃ちまくっていたら良い的になってしまう。
ポップな見た目に騙されましたが、しっかりシューティングゲームなんだな~。

サーモンランというCO-OP(共闘モード)もあります。

私はナワバリバトルより、こっちの方が好きかもしれない。
相手がCPUだからギスギスしないし、協力しながら遊ぶのが楽しい。

ちょっと気になる点として、通信エラーがあります。

現在TVモードでプレイしているのですが、部屋の隅にSwitchを設置したところ、どうも電波が弱い。
Wi-Fiだからなのか、ナワバリバトルでも何度か落ちることがありました。

やはり無線は安定しない、急いでLANアダプターを買ってきて有線接続に変えました。
予定外の出費でしたが、それだけの価値のあるゲームだと判断しました。

プロコンも準備しておいて正解でしたね、操作性が段違いです。

ヒーローモード(ストーリーモード)も同時に進めています。

こっちはこっちで面白い、スプラトゥーン独特の操作の練習にもなります。
インクを塗りまくることが攻撃であり防御であり、移動手段でもある。

初スプラの感想としては、ビジュアルと世界観が素晴らしい。

国籍不明な看板、混沌とした街並み、その辺にたむろしてる他PCとイラスト投稿。
一見コミカルに見えて、その実、シューティングゲームとしての芯をしっかり持っている。
私にとって未知のゲームでしたが、これはファンがつくのも納得です。

何だか、すごいゲームと巡り合ってしまった・・・。
伝説的オンラインゲームの開幕の熱量をヒシヒシと体感しております。


Author: 煙人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA