さよならα6000

α6000を手放しました、30mmのマクロと一緒に売却。

最近、自分の中にプチ断捨離ブームが到来していて、余分なモノを削ぎ落したい気分なのです。

この頃めっきり出番がなくなっていた、主な理由はグリップの形状にあります。
α6500の指にフィットして握りやすいグリップに慣れてしまうと、α6000は扱いにくく感じる。
そして、電子水準器やボディ内手振れ補正など有難い機能があるα6500を優先して使ってしまう。

この一年間は、”カメラを撮るカメラ”としてしか使っていなかった。
新型(α6400)が発売されたことによる買取価格の下落を考え、ここで売り抜けることにしました。
とは言えRX100シリーズの前例もありますし、α6000は今後も併売される可能性は高い。

α6000は自分のフォトライフ的にはちょうどスランプに入った時期と重なる。
ずっと思うような写真が撮れず思い悩んでいた、つらい思い出。

まぁ今もスランプの真っ只中にいるのですがw

なるべく感じたままに、写真を撮ったり、ブログを書いたり、を愉しみたい。

Share:
煙人

Author: 煙人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です