Kチェアの座面シート交換

自室のソファ、カリモク60 Kチェア 2シーター (旧タープグリーン)。

7月にオーダーしていた座面シートが届きました。

パーツごとにバラ売りしてくれるのはありがたい。
ステッチなしの旧タイプも受注生産ですが入手可能です。

スタンダードブラックを2年、タープグリーンを8年、計10年ほどKチェアに座っております。
新色のタープブルーに買い替えも考えたのだけど、ボタン締めとステッチの加工が施されている。
自分の使い方だと、たぶんステッチの縫い目から裂けてしまうと思う。

左が新品、右が8年使った座面。

日焼けでかなり退色が進んでいます、新品時はこんなに鮮やかなグリーンだったのか。

スプリングの破損状態を確認するため、底張りを剥がしてみました。

数年前にボキッ!!と金属が破断する音を聞いた。

一時期体重が80kg手前まで増加していて、ソファへの負担を心配していた矢先の出来事でした。
それから徐々に中央部が沈み込み、私の腰痛も悪化していったのです。

現在の体重は67kg、なんとか減量が成功しました。
いっぱい走ったもんね、痩せなきゃ困る。

意外なことにS字のスプリングは切れていなかった。

破断していたのは2か所、S字のスプリングをまとめて横に支える鋼線でした。

そういう切れ方をしていたのか、これは心当たりがあります。
ソファを踏み台にして上に立ったりしていたので想定外の負荷が掛ったのだと思う。

新しい座面に組み換え、背もたれと脚はまだ使えそうです。
ソファの寿命は6~7年程度らしいのでよく頑張ってくれていると思う。

いつもの配置に戻してみると座り心地が全然違う、腰が痛くない。
座った時の視界も少し上昇しました、相当ヘタっていたのだなぁ。

中央部に負荷がかかりやすいようです、なるべく端っこに座ることにしよう。

Share:
煙人

Author: 煙人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です