DELL Inspiron(7373)のSSDを1TBに換装

昨年の夏に購入したノートPC、Inspiron 13 7000 2in1。

旅行のお供やお絵かき用に良いかなと思ったのですが、中々出番が回ってこない。
母艦のVAIO Fit 15も2013年製と旧くなってきたので、代わりに据え置きとして使っても良いかな、と。

そうなるとストレージの容量が少ないことが唯一の不満点というわけです。
夏ごろから考えていて、サイバーマンデーのセールを待っていました。

今回用意したのは3点、いずれもAmazonのサイバーマンデーセールで購入。

・Western Digital WD Blue 内蔵SSD M.2-2280 3D NAND 採用 1TB SATA 3.0 WDS100T2B0B-EC
・Transcend USB3.1 M.2 SSD 外付けケース TS-CM80S
・Acronis True Image 2019 ダウンロード版 1台版

思惑通りSSDは少し安くなった、2TBはさらにお買い得になったのですが予算の都合で今回は1TB。
ケースはTranscendの組み立て式にしました、金属製で高級感があるところが気に入った。

クローンソフトはいつものアクロニス、一度購入しているのでライセンスの移転で使えるっぽい。
ただ、アクティベーションやその他諸々の煩わしさから思い切って製品版を購入しちゃいました。
前回のはアップグレード版でしたしね、シリアルキーも何処かに行ってしまったし。

M.2のSSDは2種類あって速度が全然異なります、SATA接続とNVMe接続。

NVMe接続はめちゃくちゃ速いのでCrystalDiskMarkで測ればすぐ判別できます。
うちのPCは遅い方のSATA接続、一応間違いがないように事前にバラして中身を確認しました。
差し込みスロットの切り欠きの形状でも判別できます、これはB&M-Keyという両欠きの形状。

ビスで締めて台座に固定、ケースに収納という流れ。
こんなに小さくて細いのに1TBも容量があるなんてスゴイですね。

ケースの蓋もビスを締めます、しっかりした造り。
SSD側はUSBのタイプC、PC側はタイプAのケーブルがセットで付いています。

PCと接続してディスクのクローン作成開始。
HDDの時は一日作業でしたがどのくらい時間が掛かるのか、念のため電源に接続。

と思ったらクソ速かった、10分ちょいで終わりました。
さすがSSD to SSD、爆速ですね。

取り外した純正部品のSSDは東芝製でした、これはPCの空き箱に入れて保管。

しかしInspironのこの裏蓋めちゃくちゃ固かったですよ。
四隅の1点から外して行くのですが尋常ではない固さ、爪が剥がれるかと思いました。

無事に換装し終えました、WDの青が眩しい。

容量も確保、折を見てVAIOとすげ替えたいと思います。


今回のポイントアップキャンペーンでAmazonのポイントが少し貯まった。

以前は貯まる端から使っていましたがこれからは少しずつ貯めようかな、と思っています。
ポイントが貯まって行くのがなんだか楽しいのです、新しい趣味?のような感覚。

Kindle本はポイントを優先消費されるので控えないとなぁ。


Share:
煙人

Author: 煙人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA