ダンジョンRPG「BuriedBornes」に没頭する

一見ブラッドボーンのようなロゴ、BuriedBornes(バリードボーンズ)と読むらしい。

スマホを買い替えたことだしゲームでもやってみるか~、と色々インストールしています。
arrowsは16GBしかなかったのでゲームしないのに常にストレージがカツカツでしたからね。
いやはやホント、ストレージに余裕があるって素晴らしいですよ。

放置系RPGのLeftというゲームをプレイしていたら無性にウィザードリィを遊びたくなった。
Googleプレイで検索すると、Wizそのものはなかったけどフォロワータイトルが沢山出てきた。
中でもダウンロード数が群を抜いて多かったBuriedBornesを遊んでみることにした。

死亡するとキャラクターロストするタイプのゲーム、かなりのスルメゲーで時間を奪われます。
サーバーと連動していて失敗してもリセット不可、死と隣合わせのシリアスな世界観が構築されている。
末弥画に寄せたグラフィック、ひらがなメインのレトロチックな文字表記もどストライクだった。
気に入ったので1回限りのお買い得パックを課金してみた、お金を払えば死んだ時に蘇生できます。

10Fのボスで苦戦中、これは職業を変えて育てなおした方が良いかもしれんなぁ。


それと、ひとつアプリを購入しました。

無音モードというカメラのシャッター音を消すアプリ。

試用版を使ってみて、Pixel 3aでも問題なく動作したので有料版にアップグレード。
タイミング良くセールをしていて、少し安く買えた(198円)。

設定しておけばカメラを起ち上げたときだけミュートしてくれます。
スクリーンショットのシャッター音については手動で有効化するしかないようです、そりゃそうだな。

Pixel 3aのカメラは中々良いです、室内でもキレイに撮れる、さすが最先端スマホ。
まだ牛丼くらいしか撮っていないけど、そのうちメシ撮りのアップも始めたい。

Share:
煙人

Author: 煙人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です