「深夜特急3 インド・ネパール」読了

深夜特急の3巻、連休中ということもあり、じっくり読めました。

シンガポールから一旦バンコクに戻り、旅客機でカルカッタへ飛立つ。
旅の当初の出発地であったインド入り、深夜特急を読み始めて、密かに楽しみにしていたパートです。
これまでと同様、目的地を決めるでもなく、風の吹くまま気の向くまま、自由にインドを放浪する。

3巻ではチャイという飲み物が頻繁に登場します、インドでよく飲まれているミルクティー。
そして、チャイという文字が躍る度に、スターバックスのチャイティーラテが無性に飲みたくなる。
読み終わるまで3回くらいスタバに行きました、糖分も補給できるし、読書向きの飲み物だと思う。

今まで立ち寄った国とは異なり、インドにはカースト(身分制度)があって、それは悲惨なものだった。
著者はインドの深部へと降りてゆく、これが観光の旅ではないのだと改めて思いだした。

そして、混迷を極める中、ようやく出発地点であるデリーへ到着する。


猿岩石のヒッチハイク旅を見ていた頃、ぼんやりとインドに憧れを抱いていました。
ガンジス川で沐浴をする度胸はないけれど、一度は訪れてみたい場所のひとつ。

そう言えば、電波少年の企画もユーラシア大陸横断がテーマだった。
今思うと、どこかで深夜特急の影響を受けていたのかもしれない。


Share:
煙人

Author: 煙人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA