ついに姿を見せたα6500後継機

ついにα6500の後継機種が発表された。

ソニーが新型カメラを認証機関に登録する度に6500後継きたか!?と憶測が飛び交っていた。
噂だけはずっとあったのですよね、カメラに関してはリーク情報が当てにならないことが分かった。
α6600か、小刻みに数字を刻んできましたね、やはりα7000は最終兵器的な位置づけなのだろうか。

α6500からの主な変更点としては

・リアルタイムトラッキング機能
・動物瞳AF
・チルト液晶180度回転
・大容量Zバッテリー搭載

先に発売されたα6400の機能が盛り込まれ、バッテリーも強化されています。
ボディ内手ブレ補正アリ、深く握れる形状のグリップも6500から継承、特にグリップは重要。
正統進化のAPS-Cフラッグシップ、買い替えの予定はないけれど後継機種が用意されているのは嬉しい。

そして追加された2本の魅力的なレンズ。

・SEL1655G E 16-55mm F2.8 G (希望小売価格153,000円+税)
・SEL70350G E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS (希望小売価格109,000円+税)

待ち望んでいたAPS-C用の超望遠、以前の自分であれば70-350mmに飛びついたことでしょう。
しかし今気になるのはF2.8通しの標準ズーム16-55mm、コレめちゃくちゃ良さそう。
1670Zと置き換えたいところですが価格がこなれてこないと難しい、でも売れるんだろうな。

1670Zと2418Zを売り払って追い銭6~7万、と考えれば手が届きそうではある。

いやぁ、最近APS-C界隈がアツいです。

Share:
煙人

Author: 煙人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です