降り注ぐ、奇跡の煌めき

アドゥリンミッションをコンプリート!

今回は外人さんの攻略シャウトに乗ってみました。
バラモアのゲームでソロの限界を感じていましたし、ソロに拘りすぎるのも良くないかなぁと。
で、世界樹の導きの2戦だけかと思ったら一気にやっちゃう?みたいな流れになりまして。

そんなわけで世界樹の導き~水園の決闘~天守に座すモノ~神の化身。
アドゥリン最終章が一気に終わってしまった。

ナモ黒詩赤、途中で詩人さんが抜けてナモ青赤の4人+フェイスという構成。

昔からFF11の外人さんはイケイケどんどんって感じでしたが今もそうみたい。
強化も終わらないうちにみんな開幕一斉に殴りかかってしまってちょっと焦りましたよ。
でもそのおかげで早く終わったってのもありますけどね、世界樹~エンディングまで3時間くらい。

赤の私が回復役だったのですがケアルIVだけでも案外何とかなりますね。
最終戦のハデスだけはちょっと攻撃が激しくてナイトさん死なせてしまいましたが(笑)
モンクさんはかなり仕上がってたようで、ビクトリースマイトで1万超えのダメージを叩きだしてました。
やっぱり前衛が本気出した時の火力ってすげぇな・・・。

ハデス戦はテオドールのおっさんも一緒に戦ってくれます。

モリマーやオーグスト王もそうだけど、アドゥリンミッションは味のある渋いおっさんが多いですね。

主人をコケにされ激昂するダラクァルン、自分的にはアドMで一番盛り上がったポイント。

メルヴィアンに対する敵意を抱かせる意味で、よくできた演出だったと思います。
アドゥリンの歴史的にハデスは宿敵なわけですがプレイヤー視点ではどうも悪者感が薄い。
ハデスを倒そう!とはならないんですよね、メルヴィアンも突然人が変わってしまった感じだったし。
メルヴィアンの覚醒はサブクエが用意されてるみたいなので、また後日進めてみようと思います。

女の貌になるアシェラw

報酬リングは移動速度アップのシュネデックリングを頂戴しました。

アドゥリンリングは攻+命中や魔攻魔命の全部入り、ヴォーケインの被ダメ-7%も魅力的。
錬成を上げようかと思っているのだけど、合成をやるならオーヴェイルリングも捨てがたい。
どれも性能が良くてかなり迷いましたがやっぱ移動速度アップかなーと。

ただし、移動速度アップ装備は効果が重複しないようで、上の性能のものが適用されるらしい。
なのでシュネデックリング+クリムゾンクウィスで移動速度+30%とはなりませんでした、残念。

しかし、こんなにあっさり簡単にクリアして良かったのだろうか。
終わって気づいたんですがアドゥリンエンディングの後、目標がなくなってしまいました。
本来なら三魔君とかソロだと激戦だったと思うのですよ、そのための装備も色々準備してましたし。

ワイルドキーパー・レイヴでゲットしたバキルスタッフ。

ILVはエミネンに負けますが、赤も装備できる両手棍として見れば魔攻魔ダメともに優秀。
赤ソロはレブレイルグを打ち直すのが鉄板らしいのだけど、旧スカ武器はソロには敷居が高いのです。
他にも、同じくWKRでゲットしたフリオミシピアスや競売で買ったストイケヨンメダルなどなど。

でもまぁオンラインゲームだし、誰かの助けを借りるのもたまには良いですね。
ブログ的にはソロ攻略に拘った方が面白かったかも?と思いますけど。

うーん、どうなんだろ。

Share:
煙人

Author: 煙人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA