ボヘミアン・ラプソディ

2019年の映画初めはボヘミアン・ラプソディ。

昨秋公開された映画ですが、すごい人気でロングラン上映されています。
見逃した~と思っていたところ、正月明けでもまだ演っていた。
今日は時間がちょうど良かったので映画館に行ってきました。

伝説のロックバンド「クイーン」とボーカルのフレディ・マーキュリーを題材にした映画。
CMソングでよく流れているのでクイーンの曲を聞いたことがない人はいないと思う。
逆にクイーン自体のことはそこまで知らないという人は多いと思う。

私も世代が少しズレているので、あまり知らない。
吉良吉影のスタンド「キラークイーン」の元ネタということは知っている。

伝記映画なのでネタバレとか気にしなくても良さそうですが、後半はやはり涙がこぼれた。
世界的なロックバンドの中心人物であっても不安や葛藤、孤独と戦っていたのだな。

“悲劇の主人公になるつもりはない。俺が何者であるかは、俺が決める。”

フレディの言葉が強く心に響いた。

Share:
煙人

Author: 煙人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です